一人でダイビングを始める人が多いのです

「ダイビングをしてみたいな・・・って4年前から思ってました。」なんていう人がよくいます。
スキューバダイビングのライセンスは、正確にはCカードと言われますが、これは認定(certification)の略です。
ダイビングライセンスのコースを南の島で受ける時には、日本で学科、プールだけを済ませた方が時間を無駄にしないのでお勧めです。
スキューバダイビングの指導団体には、フランスが本部のCMASやイギリスに本部がるBSACなどいくつかあります。
よく国際ライセンスという表記を見ますが、世界中で一番認知されているのはPADIという団体が発行しているCカードでしょう。
日本でもPADIに所属しているダイビングスクールが一番いので、あなたの自宅近くにもPADIダイビングショップがあるかもしれません。
ダイビングショップを選ぶ時は、値段だけを見て決めるのではなく、電話をしたり実際に足を運んでなじみやすい雰囲気のお店を選んでください。
ダイビングスクールでは、様々なダイビングツアーの企画を用意しいるので、お友達もたくさんできてしまいます。
東京や神奈川からは伊豆のダイビングツアーが多いですが、日帰りで潜りにいける場所がたくさんあるのが魅力ですね。
そして、海外でのダイビングデビューはグアムのダイビングがお勧め。日本人のインストラクターもたくさんいます。
体験ダイビングをするのももちろん良いですが、やはりライセンスを取得すると自由に泳ぎまわれるようになります。
最近は中高年向けのダイビングコースを開催しているショップもありますから、親子でダイビングを楽しむのも良いですね!

ダイビングを始めると世界が変わるなんてよく言われますが、本当にそうなのでしょうか?
スキューバダイングをするのには、まずCカードといわれるダイビングライセンスを取得することが必要です。
ダイビングライセンスを取得するコースを南の島へ旅行に行ったときに受ける人もいますし、近場の海で受ける人もいます。
スキューバダイビングの指導団体には、フランスが本部のCMASやイギリスに本部がるBSACなどいくつかあります。
ダイビングライセンスを発行している指導団体で一番大きいのはPADI。アメリカが本部で世界中に支部があります。
PADIダイビングスクールの中でも、5スターというランクのショップで受講すると、ゴールドカードが発行されます。
自分に合ったダイビングショップを見つけるのには、やはり一度足を運んでスタッフと話をしてみるのが良いですね。
ダイビングを通して新しい仲間を作るのなら、ショップ主催のダイビングツアーに参加するのが一番近道です。
伊豆のダイビングポイントは、東京や神奈川のダイビングスクールからでも日帰りで行けるだけでなく、沈船なども楽しめてしまいます。
そして、伊豆のダイビングで実力がついたら、いよいよ海外デビュー!最初はグアムのダイビングがお勧めです。
時々何度も体験ダイビングをしている人がいますが、やはり認定ダイバーになると楽しみの幅がちがいます。
ダイビングを楽しむのにそれほど体力は必要ありません。最近は中高年でダイビングを楽しむ方も増えていますね。